米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

本院は、土日に講義がある。社会人対象の大学院で休講にすると、補講が大変だ。本日、補講を実施した。6限というと19時40分に終了する。講義が3コマだった。でも、学生さんの議論も盛り上がってよかった。ふー、家路につき、ベッドに入ったら、寝ていた。12月の学会報告の要約を提出しなければと思いながら、寝てしまった。ふー。
 本日から、14日用の講義準備も始めなければならない。その間、今年はある活動も同時並行して行っており、だから余計に作業、労働が増えている。母がもう若くないのだから、ほどほどにと心配してくれるのだが、私にはやりたい研究があり、この研究を成し遂げるまではがんばらなければならない。研究には最終地点はない。研究はゴーイング・コンサーンである。だから、科研費のように、ある一定期間を設けて区切りをつけて成果を出している。国民のみなさまからの税金で研究をさせていただいているのだから、成果を示し、アカウンタビリティを果たして、責任を解除しなければならない。さて、早く授業の準備を完了させて研究に戻ることにしよう。

[PR]
# by diamondquality | 2017-10-09 08:06 | Trackback | Comments(0)

神無月

母の占いはよくあたる。

母は、「2017年9月は最悪の月だから、じっと忍耐で過ごしなさい」とずっと私に忠告していた。だから、私は、9月を真っ暗闇のなかでなんとか生き続けてきた。そして母に「10月になったら、いいことがあるから」と言われていたので、私は「今日も無事終えることができた」と1日1日過ごしてきたのだった。

そして待望の神無月。もうすでに2ついいことがあった。
嬉しいな。
ここでは書けないけど、嬉しいことがあったのだ。

いつかみなさまにご報告いたしたい。

[PR]
# by diamondquality | 2017-10-05 23:44 | Trackback | Comments(0)

A good news!

日本学術振興会が、9月29日に、科研費審査員の表彰をいたしました。
おかげさまで、表彰審査委員に選ばれました。

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/26_hyosho/ によりますと、
「検証結果に基づき、第2段審査(合議審査)に有意義な審査意見を付していただいた第1段審査(書面審査)委員を選考し表彰することとしており、平成29年度は約5,300名の第1段審査(書面審査)委員の中から255名を選考しました。なお、第2段審査(合議審査)に有意義な審査意見は、次年度の第1段審査(書面審査)の手引きに反映し、第1段審査(書面審査)委員が審査を行う際に活用できるようにしております。」

ということだそうです。5300名の審査委員のなかから255名の中に選んでいただいたというわけでございます。

会計学の平成28年度第1段審査(書面審査)委員は、18名でした。
https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/01_seido/03_shinsa/shinsa_meibo/first_28_mei_2.html#f-04

こういう形で間接的ではありますが、科研費研究の発展に寄与できたということを誇らしく思います。
過日、最優秀論文賞を受賞し、今回は、科研費審査で表彰されました。
努力が正当に認められる世界はすばらしいと思います。

[PR]
# by diamondquality | 2017-10-03 09:05 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

自分で勝ち取るもの

ほしいものは自分で勝ち取らなきゃ。
人は、与えられたものに対しても本来は感謝しないといけないけど、与えられたものに対してあまり感謝してしない人が多い。

夢は自分で勝ち取ろう。
自分で勝ち取れば、勝ち取ったこと、勝ち取るまでに得たご支援に感謝する。



[PR]
# by diamondquality | 2017-09-03 22:18 | Private | Trackback | Comments(0)

GOOD NEWS!

過日、たたかいの日々と書かせていただいたが、私や私の周りのかたをたたかいの神様が守ってくれていることを実感する日々である。昨日は、久しぶりにいいことがあった。少しずつ、いいことがあると、周りを幸せな気持ちにさせてくれる。こうやって地道に私を評価してくれるひとがでてきてくれ、ありがたいと感謝の日々だ。
[PR]
# by diamondquality | 2017-08-31 16:21 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)