This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

米国の高等学校卒業式

愚息が本日、高等学校を卒業しました。

朝、9時、ガウンとキャップを身につけて、Back Music とともに登場してきました。晴天だったら、外で実施される予定でしたが、あいにくの雨で高校側は、室内体育館に急遽壇と席をつくっていました。ガーデンでの祝典を本当はみたかったな。その後、卒業生代表のスピーチのあと、一人ずつフルネームで呼ばれて登壇し、総長から卒業証書を受け取る。こうした学位授与processは日本と一緒ですが、その受け取りかたが違いました。そのあとは、来賓のスピーチでした。University of MichiganでProfessor, Physician の人からご祝辞。人生の成功には、"Passion, Power of Mentor, and learn from Failure"の3つが大切であるというお話でした。 私だったら、"passion, hardwork, and appreciation"の3つかな。その後は、バッフェ形式のランチョン。そこで先生やお友達と最後の歓談をしました。

今の瞬間は感無量という一言に尽きます。小学校、中学校、高等学校がある私立学校で合計7年間お世話になりました。親がなんでも手伝わなければならなかった小学校低学年時代から、今では自分で運転し、わが子の高等学校卒業を遠くから眺めている。こうやって、子離れするときですよと促されるようなセレモニーに出席することによって、少しずつ子離れをしていく準備をしています。小さいこども時代は本当にあっという間であることを実感しております。子供の自立を喜ばなければならないのに、なんだか寂しさも同時に感じています。

でも、とにかく出席できないと思っていた卒業式に出席できて本当に嬉しかったです。私の人生においても1つメモリーが刻まれました。
[PR]
by diamondquality | 2011-05-28 13:25 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/13666864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shawn at 2011-05-28 22:25 x
ご子息の卒業、おめでとうございます。悲しみの後の喜びで人生色々ですね。喜びと悲しみの総和は0とも言いますが、気の持ちようでいくらでも+になるのかな。アメリカと日本で頑張っている姿に心を打たれます。自分も頑張ろっと。
Commented by 純じゃぱ at 2011-06-01 15:33 x
おめでとうございました。感無量ですネ。
Commented by diamondquality at 2011-06-02 20:21
shawnさま ありがとうございます。日本に着任したため出席できないと思っていた卒業式だったので、なおさら感激しました。お祝いコメントありがとうございます。
Commented by diamondquality at 2011-06-02 20:22
JunJapa さま、お祝いありがとうございます。早いものですね。子供が育ってしまうのは。。。。。