米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

Happy day

今日は、うれしいことが教育上、研究上それぞれあった。
われわれの学科には、情報機器関連のアシスタントの方がおられる。彼女は、いつも私の服装やスタイルをほめてくれる、歌手のKSさん似のかわいらしくていい人だ。その人が「先生、学生さんが先生のゼミが楽しいとか、先生の講義が楽しいから勉強がんばっているそうですよ」と話してくれた。教師冥利に尽きる。本学も授業評価は確かにあるのだが、こうして生の声をきかせていただけるのは本当にうれしいし、ありがたいことだ。一生懸命準備していることが報われる。でも、私も楽しいんですよ。みんなががんばってくれることが本当にうれしいんですと答えたのだった。みんなありがとう。

もう1つのHAPPINESSは、今日はこれまでずっとペンディングだった理論仮説を設定することができたのだった。物理学者とディスクロージャー学者とは情報という対象については共通に考察することができるのだが、アプローチが違うことがわかった。万有引力とか量子力学とかまで勉強することになった。ある言葉も、日本語としてのTERMINOLOGYは同じだが、アプローチが違う。学際的研究の面白さといえよう。さて、理論仮説が展開できたので、あとは英語でもくもくと執筆するだけ。報告日あるいは論文投稿締切まで、カウントダウンの日々。がんばろう。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/14694484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2011-10-04 23:16 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)