This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

moved by one of my favorite blogs

私のお気に入りブログの1つに
http://red.ap.teacup.com/inouekoji/
がある。ブログの管理人さんを人間としてそして同じく仕事パーソン同士としても尊敬している。ありがたいことにお友達としてもお認めいただいた。その方のブログに以下の言葉があった。

 商品やサービスが強いと、企業としてもやはり、強い。

さすがマーケティングのプロフェッショナルだと感じさせる言葉だ。

これをわれわれの業界にあてはめれば、

 講義内容や学生さんへのサービスが強いと、大学としてもやはり、強い。

ということになる。私も講義に関しては手を抜かずに学生さんがあきないよう、わくわくするような講義展開にしている。そして、学生さんへのサービスとしては検定対策講座をオープンさせた。こうしたプラス思考から作り出された流れは、学科全体に「やる気」「活気」という前向きの雰囲気を作りだし、学科全体へといい方向へと向かわせているような気がする。こういう雰囲気を経営学では、企業風土と言っている。学校風土というべきか。

地道の一教員の努力による精神が学科の風土構築に影響を及ぼし、それが外へと波及して学生さんの入学希望が増えることを祈ろう。

組織は、人がつくる。
[PR]
by diamondquality | 2012-04-26 00:21 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/15777609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。