米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

I have been swamped....

ご無沙汰いたしてしまった。みなさま暑中お見舞い申し上げたい。

毎日、仕事が怒涛のように押し寄せる。
そんな状況のなか、昨日は、女性上司が研究室に来て説明を求めてきたので、事情を説明した。そうしているうちに涙してしまった。「涙する」ことに関しては、私は鉄則を有している。1つは、「涙は親の死に目だけ」と誓っていること。仕事上で泣くものかという意識だ。涙は感情そのものだ。仕事に感情を持ち込むのはプロフェッショナルといえない。もう1つは、どんなシチュエーションであっても男性の前では決して泣かないこと。女性は涙が武器だからねといわれたくないからだ。女性の前だったからということで今回は許していただきたい。
今回、涙してしまったのは、家族のことを言われたからだ。仕事のことで家族のことを持ち出すことはいけないな。自分としては仕事中に他人に涙を見せてしまった自分が悔しい。

だけど、今回の仕事については別の人のご助言もあり、改善策もみつけ、今回の件を乗り越えられそうだ。がんばるぞ>自分
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/16346757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2012-07-14 01:35 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)