ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

復興大使

米国で大学生向け100名、一般向け100名の震災後の日本について講演依頼を受けた。Websiteにイベント情報として掲載されるらしい。ちょっとどきどき。準備委員長としての学会参加がほぼ100名前後と考えると、聴衆の規模が大きいことが認識できる。私ができる範囲でお話するしかない。
学術的な話はこれまで学会や研究会で報告してきたが、学生さん向け、一般向けとなると少々変えなくていけない。準備時間はあるが、MULTI TASKでいろいろなことを同時並行的にすすめていかなければならないので気がやすめない。

科研費研究単独研究
科研費O先生との共同研究
震災関連著書
米国での招待講演
復興大使としての公刊
そしてN先生との共同研究

おっと、SB先生のように30のタスクはないが、大きなタスクが6つあるそ。
それぞれ重いが、締め切りは若干異なっているので、比重を変えながらすすめていくしかない。
これに学会準備委員長として重責が細腕(?)にかかってくる。

人生でいまが一番忙しいときなんだろうな。でも2008年のときもそういってつぶやいていたような気が。。。。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/16522811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2012-07-28 23:58 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.