米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

My Appreciation for a Happy letter

今日は白い封筒が私のメールボックスに入っていた。
裏をみると「Dr.AS」あの有名な大御所の先生のお名前があった。
学会を牽引されている大御所の先生からの自筆のお手紙だった。
「『大震災を風化させないー会計研究者からの提言』謹呈ありがとうございました。こういうシステムを構築すべきだったんだよね」と感想を書いてくださっていた。つまり、拙章をお読みいただきコメントをくださったのだ。頭が下がる。「恐縮」という言葉がこのとき、まさにこのような状況で用いるためにある表現だと思った。
あー。こんな大御所の先生から自筆のお礼状。。。。。私はなんて幸せ者なのだろう。大御所の先生がすごすぎるのか。。。大御所はこのように若輩者にも気を配る方だから大御所になられたのか、能力、人徳、お人柄、すべてご尊敬申し上げる方だ。。。。A先生ありがとうございます。これからも先生についていきます。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/17177636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2012-11-16 21:17 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)