米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

Earthquake and Tsunami again?

本日、5時限め、社会福祉会計の補講だった。通常の3時限が終わったあと、学生さん4時限も自習している様子だったので、ごほうび(TREATね、って言ったら通じなくて。。。)を買いに行った。自分のおやつもついでに買ったが。
5時限め、資金収支計算書と、事業活動計算書と、貸借対照表に減価償却費を入れていく作業を順番にやってもらっていると。。。仮想社会福祉施設理事会、総会を想定して理事になってもらって財務状況を説明していると設定していた。
携帯がピーピーと鳴り出し、揺れを感じた。
私「すぐにドアを開けて!」
私「そして、貴重品とコートをもって廊下へ出て。」
学生さんを誘導した。
そして、自分の研究室も開けにいき、貴重品とコートを取りにいった。
まだ揺れている。
そして、1階ロビーへ避難してください。という放送。

揺れがおさまると、授業継続してくださいとの連絡。

学生さんは、家族の安否確認をしだしていた。。。。
放送の指示どおり、授業を継続した。地震発生前には、乗りに乗っていた授業展開ができていたのにと思ったのは本音だが、災害は誰もうらむことはできない。こうしてぶつけられない不満がストレスになるのだなって実感した。でも、こういう緊急時に、学生さんと団結することができた。みんなで助け合うことができた。

米国の家族からも心配の電話。実家からも電話。

震度5だった。やはり、地震はこわい。。。。。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/17381746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2012-12-07 23:43 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)