ちょっとだけ解放感。

表題のような気分である。
昨日、ようやく修正論文を提出した。ベストを尽くしたのだから悔いはない。
この修正論文のことはしばらく忘れて次の作業にとりかかろう。
次は、英文著書だ。まだ、自分の内容はいえないが。
別件で米国学会の大御所に依頼することを日本の大御所に依頼され、私がその要約を執筆することになった。光栄なことだ。ただ時間との戦いだ。

でもね、ちょっとだけ解放感。学生時代のときの試験がすべて終わって街へ繰り出すような気持ちだ。高校時代、試験が終わると、決して繁華街へ出歩きに行ったわけではなく、某JR駅に行って、「宝塚グラフ」「歌劇」を2冊買いに行くだけだったが、わくわくした気持ちであった。なつかしいな。今もその書店にあるのだろうか。
中学時代から兵庫県の宝塚まで阪急電車を使ってよく観劇に行ったものだった。実は、宝塚の公演から私はいろいろな知識を吸収したのだった。古典、西洋史などだ。また、ミュージカルソングもだ。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/17787430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2013-02-07 21:50 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)