ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

三田評論

学会会長からタイトルの雑誌をご献呈賜った。
初めて手にとる雑誌だった。書店には入っていないからだ。格調高き評論誌だった。座談会で司会をされているので、私に送ってくださったのだ。
私は自分の専門領域だけしか勉強してこなかったので、こうして広く深く学問を極めている先生は尊敬申し上げる。先日の学会においても、

われわれ若手会計学者は自分の好奇心だけで実証研究をすすめていいものなのかという深い疑問をつきつけていただいた。

確かに。就職、昇進、昇格、業績評価そのために研究をすすめていくのはむなしいものだ。特に震災後は社会のために学者は何かしなければならないと会計学者は考えた。そして行動した。
そうしてその我々の魂が形になったものが、以下の著書だ。
『大震災後に考えるリスク管理とディスクロージャー』(宣伝しちゃった。)
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E5%BE%8C%E3%81%AB%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E7%AE%A1%E7%90%86%E3%81%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-%E6%9F%B4-%E5%81%A5%E6%AC%A1-%E7%B7%A8%E8%91%97/dp/4495198513
書店にあったら手にとっていただければ幸甚である。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/17883861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2013-02-24 20:23 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.