March 11, 2013

 今日は、東日本大震災後2年目の日だった。2時46分、研究室で起立して黙祷をささげた。
私は2年前はまず、C大学の学生さんの電話で朝5時46分、日本が大変になっていることを知り、後は映像で震災のことをみた。そのときの日記は、記してある。http://diaquality.exblog.jp/13180226/
まず、日本の実家、そして恩師に電話して無事を確認した。
その恩師は、震災後亡くなってしまった。私の被災地への着任を心配しながら見届けて天国に行ってしまった。そのときの恩師の声を今でも鮮明に覚えている。
「Dさん、大丈夫ですか。今あなたの赴任する大学がニュースになっていますよ。」
「Dさん、まだ米国にいてよかった」
と逆に心配してくださった。その恩師は今はもういない。でも、天国で被災地で奮闘する私を
見守ってくれていると確信する。

 そのあとは、私は私にできることとして日本支援コンサートを主催するため走り回った。その様子も日記に書きとめてある。
http://diaquality.exblog.jp/13330868/
あれから2年、私はその被災地に着任し、こうして震災をテーマにした学会の準備委員長を仰せつかってすすめている。私はこの学会は私の使命だと思っている。学会のみなさんに暖かな学会だったねって言っていただけたら本望だ。 
先生、D学会、先生が米国から日本に醸成させてこられた実証研究の学会ーその学会の発展のために私はきっとがんばってやり遂げます。見守ってくださいね。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/18096333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2013-03-11 23:08 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)