This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

Nursary Room Set UP!

春、感慨深い気持ちである。
私が学会に参加するときは、毎回実母に一緒に来てもらい、私は学会に参加している間、母は子どもたちのめんどうをみてくれていた。山梨、岡山には長男を、下関の学会には長男と生後8か月の娘を連れて参加した。下関は寒い11月であった。母はそのときのことを今でもよく話す。「私が、HくんとRちゃんを連れてうどん屋さんに入ると、おかみさんが『重湯をつくって差し上げましょうか』と言ってくれ、重湯をつくってくれたのよ」下関の寒い夜、高齢の母親がうどん屋さんでこどもたちと夕食を取っている様子をみてその女主人は何か事情ありで私の母を不憫に思ったのだろう。おそらく、私の母を、年老いて出産した母親だと勘違いして思わず支援を申し出てくれたらしい。今ではその話は家族の笑い話の1つになっているが、そのときは本当に母は一人で幼子2人を見知らぬ地でめんどうをみせられさぞ大変だったと思う。母上ありがとう。母との二人三脚で私はキャリアをほそぼそとつづけることができたのだと思う。本当に母の支援がなかったら今の私のpositionはいないと断言できる。
 岡山は学会終了後ロープーウエイに3人で乗った。今から思うと、学会参加を通して家族で旅行に行け思い出が作れてよかったと思っている。米国の学会は、家族で参加されるため、年次大会はいつも観光地で開催される。家族同伴が当たり前の社会なのだ。
 そのとき、私が学会運営に携わるようになったら託児室つきの学会にしたいと漠然とは思っていた。でも、そのときは、まさか自分があこがれのD学会の準備委員長を仰せつかるとは夢にも思ってもみなかったのが正直な気持ちだった。それから、時はすぎ、こどもたちも大きくなった。そして震災が起こり、私は被災地に着任した。
 そして準備委員長を拝命した。今だ。今こそ、私が準備委員長だからこそやらなければと思った。
私の使命は、学会会員のみなさまに「心温まる学会だったね」と感じてもらうこと、そして一人でも多くの会員に来ていただきD研究の発展に寄与していただくこと、そして被災地復興支援につなげることだ。
学会のあるスペースにちいさな子どもたちの声があがる。
米国では、こどもがいるのが当然、当たり前の社会だ。日本ではそれがかなわなかった。
さて、D学会、学会会長に託児室設置をお話したら最初驚いておられた。ただでさえ異例づくめの学会だった。でも学会会長からも励ましを受け、WEBサイトに以下のとおり託児室設置のご案内をUPした。
http://www.jardis.org/events/meeting/07/nursery.html

託児室設置WEBサイトの反響はというと、
まだUPして数日だが、男子会員の方から「まだこれまでわが子を預けたことがなかったのです
が、この機会に託児室を利用しようと思っています。特にに妻が非常に乗り気で福島で家族に行く予定です」というメールを頂戴しました。
本学会は、男性研究者による託児室希望者が多く、日本の学界も少しずつであるが変わりつつある
という印象を持ち始めている。某学会の託児室設置関係の資料等を参考にさせていただき、そして利用をご承諾いただきあらためてお礼申し上げる。被災地に小さいお子様がたくさん来てくださるだけでも復興支援につながる。会員からの心温まるエール、そして関係者のみなさまのご協力を心より感謝申し上げたい。
[PR]
by diamondquality | 2013-03-17 11:25 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/18269481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。