米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

学会準備委員長奮闘記その1

学会準備が大詰めを迎えている。
本日も、学内の打ち合わせだった。いつのまにか時計は19時半であった。

朝8時半に元のキャンパスに出向き作業をし、そして今のキャンパスに戻ってひたすら作業。
学会準備委員長を依頼してくださった学会会長が、
「Dさんの研究が油にのっているところ、水をさすような気がする。研究を中断させてしまうのが心苦しい」とおっしゃいながら、依頼された。
私は、被災地を元気にしたいという会員のみなさまの声を私が被災地の研究者であるから引き受け、使命感に燃えて拝命したのはこれまでお話したとおりである。

最近は、
「温かみのある素敵なプログラムや託児室の実施などこれまでの趣と異なっていて素晴らしいです」と言っていただけたり、こんな委員長はかつていないなどと言っていただいたりとお褒めいただき恐縮している。私は自分の素のまま、目の前のことを丁寧に対応しているのだが、結果的に
おほめいただき光栄だ。

 本当は、もっともっと参加していただきたい。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/18622379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2013-04-24 22:20 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)