This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

学会準備委員長奮闘記その2

実は、この奮闘記自体は、もっとすでに書いている。大詰めになってきてから奮闘記になったからその2となっているだけだ。
施設貸与だけだったのが、職員のかたが手伝ってくださることになった。有難いことだ。黄金週間は大学は閉館になってしまう。でも、数日だけ開けていただき準備をする。
本日は、特別プロジェクトの原稿書きをしなければならないのに、以下のものを準備した。
1.舞台の演台横の飾り花を注文。
2.登壇者や司会者の方につけていただく造花。これに名前を書いたリボンをつけて完成だ。
やはり、華やかにしたいものね。
本学会は、ピンクとグリーンを基調にしている。重くなりがちなテーマを少しでも明るいカラーで前向きなイメージを打ち出したい。名札は、ライトグリーンのものをぶら下げる。また、報告要旨集もライトグリーンだ。青葉と薄いピンクの薔薇がイメージだ。

さて、周りの方が
「あと少しだから、がんばって。」
「あと少しで開放されるね。」

うーん。終わったら寂しくなるかな。今、周りは大変だと思っているが、楽しんでいる自分がいる。私流の温かくてかわいらしい学会を作り出していける楽しさだ。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-28 09:06 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/18657361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。