ディスカッサントとして

米国会計研究学会からディスカッサントを受けるか断るかの返事をしてほしいと連絡がきた。
今年の学会は、コンカレントセッションでの報告がある。またポスターセッションもある。だから、準備は大変だ。でも、かといって、拙稿を査読していただいた以上、自分も研究者としてお引き受けするのが礼儀であるし、恩返しはすべきだと思う。こういう研究の根幹を断ってどうする<自分。CONFIRM を自然と、クリックする自分がいた。本筋を見失わず、研究の本道を歩んでいこう。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/18672583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2013-04-30 22:31 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)