This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

準備委員会は小さな企業家?

準備委員会は、アカデミックな内容を考え、すなわちテーマを決め登壇者を決定したり、自由論題報告者が決まったら、司会者やディスカッサントを決定したりする役割を担っている。が、やはり、重要なことは学会執行部からの補助金や参加費を上手に使わせていただき、学会を運営する役割もある点だ。
 今回重要なのは、学生さんアルバイト代だった。でも、昨日、無事学生さんにお給料を支払うことができた。お給料が最も大きな懸念だったので、よかったよかった。でも手渡ししたとき、「いただきました」としか言われなかったのは残念だった。なぜ学生さんは「ありがとうございます。」っていえないのかな。働いて給料は当然もらえると思うのかな。私は、働いていたときいつもありがとうございますって常務には申し上げていたのだが。。。。基本的な感謝を学生さんはもってほしいと思った。
 本当にほっとしている。学生さんに給料を支払うことができて。。。本当によかった。明日も支払い業務が続く。アー収支計算が合うが不安だ。協賛でまだいただいていないところもあるからね。ちょっと企業家、経営者の気持ちがわかったような気がする。こうした非営利の団体は、利益を生み出すことが目的ではないが、やはり適正な運営には収支計算が大事だ。
[PR]
by diamondquality | 2013-05-14 20:32 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/18761869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。