ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

memorial day

恩師の3回忌だった。今回は、お線香をお供えした。文房具で有名なブランドのお線香だ。きっと恩師も喜んでくれたと思う。いい香りのするお線香のようだ。
奥様から1枚の葉書が届いた。
「大変な御地でご苦労も多いことと存じます。忘れずお供えをたまわりありがとうございます」
という達筆でしたためた文面であった。
涙がこぼれた。もう2年なんだ。恩師が天国に行かれてから。
「長かったようなあっという間の2年間でした。」と結ばれていた。
私にとっても同じだ。恩師がいない学会で私はどうやって生きていったらいいのかとそのときは思った。でも、今は、確実に歩みはじめている。私は恩師の指導をいただいた幸運な弟子の一人として研究を続けていかなければならない。
「D学会お疲れ様、評判よかったそうだね」と一瞬、恩師の声が聞こえたような気がした。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/18910330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2013-06-05 23:23 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.