米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

後期第1回

本日は、第1回だったから早めに出講すると、
「キャー先生」
「夏休みどうでした?」
Classroom は、情報機器の教室になっているので、学生さんは早く来ても教室に入れず、ラウンジにかけていた。そして、私をみつけるなり、学生さんは上のような質問をたてつづけにしてきたのだった。
私も、夏休み後はじめて会う学生さんにハグしたかった。
再会の喜びを、ハグという非言語コミュニケーション方式で表現したい気持ちだった。でも、日本ではハグはできないなあ。郷に入ったら郷に従えだもんね。
ハグって米国では自然にできてたのに、今はちょっとハグとの違和感というか、ハグにたいする距離感があってできなくなってしまった。学生さんの距離感という意味ではない。

「先生、写真一緒にとろうね。」
って携帯で写真を撮られてしまった。そして、先生、携帯貸してと言ってなんだか設定したようだった。
なんだかみんなテンションが高かった。
ひと夏は学生さんを成長させるんだろうな。なんだかみんな一回り大きくまぶしく見えた。

10月は、1回休講しなければならないの
なぜかというと台湾の学会に代表で派遣されることになったの。
そしたら、みんな拍手してくれた。嬉しかったな。

さてと、後期もみんながんばろうね。

充実した初回講義でした。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/19693096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2013-09-21 22:48 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)