This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

Paper submission

米国はやはりすごいなと感じさせた。
米国全土に大寒波があって交通網等が麻痺した。そこで以下のとおり米国での夏の年次大会の投稿日が延長されたのだ。
Due to the extreme weather difficulties that many have been experiencing across the country, the submission deadline for the 2014 Annual Meeting has been extended to Monday, January 13, 2014 at 11:59pm EST.

We're hoping that this extra time to submit will put your mind at ease about trying to communicate with colleagues, travel to the office and complete your submission while dealing with power outages and extreme cold.

http://aaahq.org/から引用。

米国全土にわたる寒波によってみなさん大変な思いをしているだろう。。。という配慮。
いざというときに臨機応変に対応できる米国が大好きだ。私は、今年度は実は時間がないから投稿をあきらめていたのだった。しかしながら、やはり今年はがんばる年にしたので、武士に二言はないという精神で締め切り日まで投稿準備を行い、ようやく昨晩投稿した。嬉しい。また達成感でいっぱいだ。
神様が、米国が私に手を差し伸べてくれたような気がする。
研究がんばるんでしょ。<D(私のこと)
寒波にしちゃったけど、投稿してみたら?<D(私のこと)
そんな感じで私に機会を与えてくださったと思っている。

これで今抱えている論文は
1.TATの論文→海外雑誌へ投稿
2.JAA、T研究会の論文
3.TAT&AISの論文
4.SPの論文

この4つを同時並行にすすめていくのと、新しい分析を1つ実施するつもりである。
[PR]
by diamondquality | 2014-01-14 01:35 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/20228413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。