Snowing Snowing!-Learning from the Snowing...

昨日は、首都圏大雪という天気予報をあかじめきいていたのだが、東京での打ち合わせのために新幹線に乗った。午前中はなんとか在来線も運行していたので、無事、目的地につけた。
しかし、館のほとんどの職員のかたはもうすでに帰宅され、閑散としていた。そのなかで目的地の会議室まで向かった。ふぶきのなか新雪を歩いた。そしてなんとか会議室にたどりつき、1時間の打ち合わせ。。。。
打ち合わせが終わったころさらなる雪が積もっていた。
またふぶきのなか、2つ目の打ち合わせ先へ。
「中央線は運休です。山手線でお願いします」というアナウンス。
なんとか無事2つめの目的地についたら、一番に到着していた。なぜなら、駅からそのホテルまでいつもは人ごみがあって遅くなるのだが、人もいないし、車もほんどいない。
そして目的のホテルのロビーについたら、ホテルマンが誘導してくださった。いいホテルだな。。素敵素敵。
どうも、ホテルで格上のサービスを受けるとそれだけでそのホテルが好きになっちゃう。私。

打ち合わせを終えるとすぐに東京駅へ。新幹線、2時間遅れ。。。
なんとか18時台の新幹線に20時台に乗ることができたのだが、各駅に停車して点検、それに加えて途中、信号機の故障等があり、某駅でそのまま待機。そんなこんなで当駅についたのは12時半。そしてタクシーで自宅へ。ふー夜中一時の帰宅でした。でも無事で何よりでした。みなさまご支援ありがとうございました。
でもね、こういう経験はフライトでもあるし、昔はこういった日本の状況は報道で知るだけで自分が遭遇することはなかったのだが、実際に遭遇しても動揺せず対処できる自分がいて人って経験って大事だと実感した。
とにかくこういうときは、「少しでも目的地に近づくこと」これに尽きる。決してもどったり、たちどまったりしないことが鉄則だ。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/20335014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2014-02-09 13:57 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)