ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

Continued to snow....

当地は、地元のひとびとがくちぐちに
「こんなにも雪が降ったのははじめてだ」というぐらい20センチいいえ30センチ以上の積雪だった。
朝、学生さんは休講になったものの教職員は各自出勤。私もこんな積雪のなか歩けるかどうか不安だったが、すれ違う人に「道できていますか」「なんとか道ができています」という会話をしながら、大学まで歩いていく。だれかが早く歩道に道を作ってくれたようだ。ありがたい。歩道がない道路は本当に危険だった。うしろから車が来ないことを祈りながら、用心しながら、わだちを歩いていった。そしてなんとか大学までたどりつけたのだった。キャンパス内はすでに雪かきがされていた。清掃のKさんだ。Kさんありがとうございます。そういったかたがたのおかげで私は教育・研究に邁進できるのだ。

さて研究室にたどりつき、作業を開始した。でも、なかなか仕事が終わらない。シラバスはようやく完成した。
あとは、記念事業原稿と論文の改訂バージョン提出だ。ふー。
これを今週には仕上げるぞ。
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/20368936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2014-02-17 21:11 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.