コメンテータのこと

学会で同じところに登壇される方が、ご自分のご報告があるなか、われわれの配布物の印刷、郵送業務を一手に引き受けてくださっているので、お礼のメールを差し上げた。
そうしたら、D先生だってディスカッサントあたっているではないですか。
あれ、みんな気がついていたんだ。
それだけだと思ったら、
「きっとD先生は、私のように優しいコメントではなくて、厳しいコメントをされるのですよね」
とおっしゃるではないですか。
どうしてわかったのだろうか、私が辛口のコメントを行うつもりであることを。。。
少々びっくり。でもね、報告者の方の論文向上に一役買うためにコメントをするのであるから、そういう趣旨を
みなさまにわかっていただきたいなあ。。。。<がんばろう自分
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/20682841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2014-05-08 09:52 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)