ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

熱い思い

最近、兼任先の大学の学生さんからいろいろな相談をよく受けるようになった。頼りにされているのは嬉しいし、彼らのキャリア選択のお役に立てることが嬉しい。
私は、本務校、兼任先、どちらも真剣勝負の教育をしている。本務校は大学院生、そして兼任先は学部生と大学院生。それぞれの目標に応じた指導を心がけている。兼任勤先ではね、実務経験に依拠して企業での活動において、会計の知識がいかに重要であるかを説き、本務校大学院のゼミでは研究内容を熱く語っている。私は、会計教育、会計研究をしたい、それを目指してアカデミアへ。
やはり24歳での決意から今、ようやく夢がかない、会計教育、会計研究に充実した日々を送っているといえよう。でもね、現実はへとへとです。ひまなし。。。。24時間働けますか?という感じです。。。ふー
[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/20787981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2014-06-07 22:47 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.