米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

I am so pleased to hear that!

ある機会があり、えらい方にあることを聞いた。そして、それ以来、そのことが私のなかでずっと懸念事項になっていた。そこで、ある日思い切って、その懸念事項を、同僚であり弁護士の先生にいきなり電話して相談してみた。
「D先生、僕とは立場が違うから、ある人にさりげなく訊いたほうがいいよ。あくまで立ち話的にね」とご指導賜った。
それから、いろいろ考えた。じっくり考えた。その結果、出した結果は、以下のとおりである。
「ご指導ありがとうございました。いろいろ考えて、あるお方におたずねせずに、かんばることにしました」という手紙を入れた御礼のお菓子を置いてきてしまった。
そのあと、その弁護士の先生にばったり出くわした。
「もうお目にかかれないと思って。。。置いてきてしまいました。」
「お目にかかれないとは別の意味でとっちゃったよ。あ、ありがとう。わかりました。あとでとりにいきます。」

「それで、私、その件についてはやはりおたずねしないで。。。」言いかけたら、すぐさま
「僕のほうから訊いておいてあげたよ。」
「えー。ありがとうございます。それでいかがでしたか。」
「大丈夫ですって。」
「本当ですか。よかったです。」

ということで一件落着となった。

すみません、ぜんぜんわからないですよね。でもね、悩みを共有していただけたことをありがたく思っています。
それにね、その同僚の先生の気遣い。。。私のことなのに、わざわざ、その方に訊いてくださったなんて。優しいですよね。
私のこと心配してくださったーそのことが嬉しい。Y先生ありがとうございます。
今回のことは根本的な解決にはならないかもしれない。ただ、これまで決心と同様、最善を尽くしていくだけだ。だから私は心がとても晴れやかだ。


[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/21307331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2014-11-16 19:43 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)