Ph.D 学位記

私が母校から博士の学位を取得してから早5年経ってしまった。
以前拙ブログで書いたと思うが、社会科学の場合、Ph.Dと日本の博士号は少々意味合いが異なっている。私は、自分の学位を米国のPh.Dのように、研究者としての資格を認めていただけたもの(よく運転免許証といわれている)、研究者としてのスタートと考えている。米国の研究者は、資格のように、研究室にPh.D.学位記を掲げている。私もそうしたいとずっと思っていたが、ようやく念願がかないそうだ。
先日、額縁屋さんに行って、オーダーしてきた。
額と中身を作成していただくと、学位記自体は日本語で書かれているのだが、雰囲気が米国のPh.D学位記風となった。
来週、取りにうかがうのがとても楽しみだ。

少しずつ、自分のお城ができつつある。My house, my office....my .....これまですべて両親や家族に与えられていたものが自分の手で獲得しつつある。
自分の人生を歩んでいるという実感がある。ありがたいことだ。

[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/21499527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2015-01-23 19:33 | Trackback | Comments(0)