This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

My status

私は、これまでいろいろな環境に身を置いてきた。
その環境が自分の世界ではないことに気付くことは、いつもそんなに時間がかかることではなかった。
なぜ、私はこの世界にいるの?この世界は私の世界ではない。。。と思うと悲しい気持ちになった。
その悲しい気持ちや悔しい気持ちが、自分を、自分の世界へと背中を押す原動力であった。
今は?私は、自分の世界で生きていると思っている。
毎日が充実している。なかにはあまり好きではない仕事があるのは正直なところであるが、
それも究極的には私がかなえた世界のなかの1部である。それは受け入れなければならない。

萩本欽一氏は、言った「仕事はなりたいからなるのではなく、誰かから必要とされることが仕事になるのだ」「それまで目の前の仕事を一生懸命すればいい」

私は、ただ、ひたすら目の前の仕事を一生懸命こなしてがんばってきたつもりだ。人に必要とされたのだろうか、幸いにも、今の組織にいる。そして、今いる世界は、自分の世界だといえる。幸せなことだ。

最近、私に執筆依頼が来るようにもなった。

ありがたいことだ。
[PR]
by diamondquality | 2015-07-26 10:52 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/21976509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。