米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

my summer

なかなか研究がすすまない。今2つの構想があるのだが。
それは、まず、教育のほうに時間がとられているからだ。でも、これも私の仕事、missionだ。教育をしているからこそ研究することができるのだ。My beliefは、「いい研究者はいい教育者である」だ。まず、いい研究者でありたい。いい研究者は同時にいい教育者にもなれるのだ。私の恩師がそうだった。また、論文博士の指導教授もそうだ。
また、研究と教育は、両方の相乗効果があり、学者を成長させる。そう、車の両輪があってはじめて私という会計学者が存在することになるのだ。

つぎに、今年から、研究、教育、それに加えて行政が入ってきた。そうだ、主任の役割だ。これは、これまで単に科目を担当するだけではなく、その科目自体を考える役割を果たす人になってしまった。
さらに、学会の仕事も入ってくるようになった。5年前には考えられないことだ。でも、これも私の人生であり、受け止めて真摯にすすめていきたい。

何かの理由で研究がすすまない理由をあげても、研究はすすまない。
工夫してすすめなければならない。

[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/22071035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2015-08-23 21:19 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)