米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

A happy thing!

私のメインの担当科目に11名もの学生さんが履修してくれた。11名となるのは、昨年春学期以来だ。。。。やはり、大学教員は人気商売だと思っているので、多くの学生さんが履修してくれると嬉しい。また、事例研究も先週よりも4名も増えた。。。なんだか、私のアプローチを気に入ってくれているのか、聴講生もいる。

また、TOPが私の企画を買ってくれている。そして、TOPのほうから、あの企画はどうすすんでいるのかとたずねてくれた。
私は、先回の拙ブログでも書かせていただいたように、いろいろやることが山積みなため、まだ、そこまで行っていないのが正直なところだった。
この企画は、本院主催の記念講演と結果としてなっているが、実は、そのハーバード大学出身の巨匠の企画は、私から提案したものだ。本企画が成功したら、もちろん、研究科長の手柄になってしまうのだけれど、大学関係者みんな、私が提案し、実施していることを知っているから、誰の手柄になるとかそんなことは気にしなくてもいいと思っている。もうすでに誰が仕事をして誰が仕事ができるかみんなわかってきているから。これまでどおり、私に与えられた仕事を丁寧に心を込めてすすめていくだけだ。

大学行政に携わること、こうやって大学の組織って動いていくのだ。。。

[PR]
トラックバックURL : http://diaquality.exblog.jp/tb/22273619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2015-10-05 22:59 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)