カテゴリ:Accounting Research( 467 )

米国に戻ってきて時差が治りにくくなった。
睡眠をたっぷりとれないためだ。
今抱えているタスクは以下のとおりだ。

1.アジア学会での報告論文、すでに3報投稿したのに、もう1報共同研究者との論文を完成させなければならない。
2.M大学でお世話になっている先生のジャーナルへの投稿論文の枚数削減。
3.日本の学会での国際セッションで討論を依頼された。
4.翻訳!そう翻訳しなければ。。。

うーん。押しつぶされそうだ。でも、地道にやっていれば完了することだろう。
[PR]
by diamondquality | 2016-08-21 12:19 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

New York City

今年は、ニューヨークで100周年をお祝いする米国会計研究学会でした。
私は、火曜日にディスカッサントがあたり、そのための準備をしていました。
そして最後の日は、Forensic Accounting Section Meetingへ。
[PR]
by diamondquality | 2016-08-13 09:47 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

2016米国自宅に戻る

みなさま ご無沙汰いたしております。

8月4日に米国自宅に戻ってまいりました。なぜかデトロイトの入国が非常に混んでいてLay Overの時間がなくなり、ぎりぎり次のフライトに飛び乗ることができました。ふー

しばらく米国での生活を楽しみます。
[PR]
by diamondquality | 2016-08-13 09:44 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

Good things in this year

今年度のいいことは次のとおりである。
1.博士課程教員に任用された。
2.某研究費が採択された。
3.米国ジャーナルに拙稿が掲載された。
4.拙報告が国際セッション報告となった。

仕事上では、
 アジアのトップスクールと連携がすすむ。
 記念カンファレンスの寄付金があつまりつつある。




[PR]
by diamondquality | 2016-05-02 07:36 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

This is the best year!

私に、某全国大会における国際セッションで報告されませんかという依頼がきた。
英語で発表すると応募したのだが、国際セッションではどうかとお声がけされて非常に嬉しい。
国際セッションは、僭越であるが、隣国のアジア諸国代表とともに、某学会の日本代表という立場で報告することができるのだ。某学会から世界への発信に一役買うことができて光栄だ。
今年は母が予想したように、本当にいい年だ。



[PR]
by diamondquality | 2016-05-01 22:20 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

My paper has bee published!

拙稿が米国の会計雑誌に掲載された!
はじめて米国のジャーナルに掲載されたのだ。
これまで、オーストラリア、マレーシアの雑誌には掲載された。
3報めで米国のジャーナルに掲載されたということだ。

お祝いにシャンパンをいただいた。
はじめていただく某シャンパンだった。

シャンパンの泡には、幸せがつまっているという。
上向きの泡は、祝福を意味するという。

今のこの気持ちを今後の研究へのエネルギーにしていきたい。



[PR]
by diamondquality | 2016-04-29 21:39 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

A happy news!

某研究費に採択された!
昨年は、不採択だったので、今年度採択されて本当に嬉しい。
これで、私費投入しなくてよくなった。
昨年は本当に多くの私費を投入した。

さて、3年間の研究生活がんばるぞ。

[PR]
by diamondquality | 2016-04-04 22:22 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

The movie on board

帰国のフライトのなかでの観た映画で感動したものを紹介させていただきたい。

Good Will Hunting

映画の概要は、Wikiから拝借したものを参照されたい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0/%E6%97%85%E7%AB%8B%E3%81%A1

Youtube には、予告編があった。
https://www.youtube.com/watch?v=r7r8Kt1NykI

1998年の映画で20年近くも前の映画であるのに、知らなかった。
主人公が、ハーバード大学の学生で脚本も書いたなんですごいな。
こういうストーリー展開に共感できるのは、やはり米国の大学の事情が若干わかっているからだ。
この映画を観て、私自身は、Professor として努力をし続けていかなければならないこともわかった。でも、映画って自分の人生以外の人生を垣間見れるし、経験したような雰囲気を味わえるので、いいものですね。


[PR]
by diamondquality | 2016-03-10 05:02 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

一時帰国での成果

日本へ帰国する。今回の米国への帰国(どちらも帰国でおかしい)して完成させた作業は以下のとおりである。
1.某ジャーナル:査読論文(英語)として完成
2.某ジャーナル:報告論文(英語)として完成
3.メルマガ2本提出
4.某統計ソフトインストール
5.米国会計学会出席
この一時帰国の間は、いろいろな作業を構築して、目標はほぼ達成できた。
できなかったことは、以下のとおりである。
1.確定申告の準備(帰国したらすぐに確定申告に行くつもりである)
2.私の専門領域の分析
3.立ち上げる研究学会での報告準備

自分では日本にいるときよりも集中して作業をすすめることができてよかったと思っている。


[PR]
by diamondquality | 2016-03-08 11:37 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

My paper has been accepted!

過日、米国会計研究学会の某セクションに出席した。米国以外の参加者はどうも私だけだったようだ。
今回、某ジャーナルの編集長に、
Dr.D What is the status of my paper?
Your paper would be published in this June...He told me...
Wow! I am very very excited about the acceptance. I never gave up....
同僚にメールで伝えたところ、
「それは、お祝いの乾杯が楽しみですね」と返事がきた。
なんだか幸せな気分だ。
これで英文査読ジャーナルは3報、著書1冊となった。
うーん、まだまだだな。

[PR]
by diamondquality | 2016-03-08 06:00 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)