カテゴリ:Accounting Education( 245 )

My former students

私は首都圏の大学(いまをときめく大学と巷では言われているそうだ。確かにジャニーズ系が増えているような気がする)に学部の講義をしに毎週、通っている。英語の講義も担当しているのだが、半期科目なのでその学生さんには秋学期は会えなくなってしまったのだ。その英語の講義はね、留学生半分と1年次に必修科目を教えた学生さんが半分のとてもバランスがとれたクラスで私の大好きなクラスの1つであった。本日は、リーダーシップのあったダンスも上手な女子学生がLINEしてきた。お食事のお誘いであった。なんだか嬉しいね。「先生の授業がなくて寂しいよ。また先生の授業取りたいから大学院に行く」泣かせるぜ。みんな。待ってるぜ、大学院で。
[PR]
by diamondquality | 2014-12-17 19:17 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

Learning from Olimpian!

Legend Kasai and Skater Hanyu.....They are not only great athletes but very strong persons.
一流と呼ばれる人はやはり精神面が強いのだと思う。Mr.Legendは有言実行をポリシーとして、悔しさや悲しみをプラスに考えるという。

あと一方で、「格付けしあう女たち」の概要を読んだ。
美貌、仕事、配偶者、それプラス知り合いで格付けしあうらしい。
Olimpianの精神性と次元が異なる。
なんだか、Olimpianの精神性と同じ土俵で書いてしまったが、
これは、自分への自戒を込めていると思う。
人と比べない。自分だけをみつめる。比べるとするならば、自分の過去、弱い自分と比べるのだ。そうすれば成長し続けられる。そして常に幸せでいられるのだ。





[PR]
by diamondquality | 2014-12-16 22:50 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

前任校から本学に移籍してきたばかりのとき、孤独感を感じていた。とても寂しい気持ちだったった。なぜなら、大学研究室が集まっている棟もひっそり静まり返っていたからだ。同僚たちは、同じ棟の同じフロアに研究室を構えているのだが、土日はお互い授業があり、すれ違いが多かった。このまま私は、この大学で人間関係を構築してゆけるのかと不安に思っていた。
今は、同僚の先生方と忘年会にもご一緒するくらい仲良くさせていただいている。また、M先生との共同研究も始まった。また、以前は研究会で同じだっただけだが、同じ大学仲間になり、他学部のO先生とはとても仲良くなれた。受講生とも仲良くなってきた。留学生とも意思疎通がスムーズになってきた。事務のかたがたとも仲良くなってきた。やはり心だなと思う今日この頃だ。そしてこちらが心を開けば相手も開いてくれる。私はそう信じている。



[PR]
by diamondquality | 2014-12-15 21:38 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

visiting my former school

I went to my former school. My appearance was a surprise for them, I think. My former students welcomed me...I am so glad to see them.
[PR]
by diamondquality | 2014-12-10 21:31 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

Am I a St. Nicholas?

私は、クリスマスギフトを買うのが好きだ。
渡す相手が喜んでいる笑顔を思い描きながら、買うひとときを楽しんでいる。
きっとあの方はひざ掛けが必要だろうな。このひざ掛けだったらとっても似合いそうだとかね。
私はね、きっと人を幸せな気持ちにすることに生きがいを感じる人だと思う。
そういう感性をもって生まれたことに感謝したい。

母はね、あなたは本当にすごい星の生まれなのよというのだ。
ただね、
私が、よく、いろいろな会に誘っていただくこと、
そういった会ではいつのまにか(自虐ねたなどで)、自分が自慢話をしているわけではなく話題の中心となってしまっていること、
また、よく、会合のまとめ役、幹事役になること。
さらには、よく、人事的なことを依頼されること。
以上のことから総合してみると、母のいうすごい星の生まれの人なのかなって思う。

人望があるのだろうか?それとも私はただのお人よしなのだろうか?
いいえ、私は、人は、財産だと思っている。私を頼ってきてくださることが本当に光栄なことだ思う。


[PR]
by diamondquality | 2014-12-06 23:01 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

The meeting among colleague

We have a bonenkai soon. I proposed one thing.....Why don't we have a gift swapping? The kanji told me that it would be a great idea. Let's have such a delightful thing for us!
[PR]
by diamondquality | 2014-12-02 19:16 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

Apples

前任校の先生からりんごが届いた。美味しいふじだった。
中に蜜がぎっしりはいっていてすっぱくて甘いりんごだった。
なんだか、G先生の温かい気持ちまでも届けられ、温かい気持ちになった。
G先生、本当にありがとう。来月、貴大学に行きますからね。待っててね。

[PR]
by diamondquality | 2014-11-30 22:16 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

Important meeting!

I had a meeting with the VIP.
My boss asked me whether I had a question or not then.
Yes, I do. If we .......which one do we.....

I cannot write the details here...sorry. But, I am so pleased to recognize that I find myself that I was able to understand the content thoroughly and ask the question. My listening comprehension skill is improving....I really appreciate the opportunity.

[PR]
by diamondquality | 2014-11-21 20:40 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

Are my colleague kind to me?

今日はね、昔から尊敬している方とお話していたら、
「君は、同僚が優しくしてくれているようだ」
はい。今、同僚が私に優しくしてくれています。
本務校に奉職したときは、誰も話をする人がいない。さびしいとか言っていたような気がする。
気がつけば、主任の先生と共同研究が始まったし、同僚の先生は私の立場を気遣ってくれている。
今の職場で私は幸せに働くことができている。幸せなことだ。

[PR]
by diamondquality | 2014-11-21 20:10 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

As an Adjunct Professor

本務校は、大学院教授なのだが、兼任先で学部生を担当している。こちらのほうの、フレッシュな学生さんに会計を担当する醍醐味は、会計を好きにさせるかどうかの重責と隣り合わせだ。現在の日本における国際的な立場から考えると、一人で多くの会計に精通する若者を送り出していかねばならないと責務を感じるのだ。今日はね、
「みんなは仕訳ってむずかしいなって思っているかもしれないわよね」
「でもね、仕訳ができて財務諸表を作成できるようになると、今度は、財務諸表を読むという楽しさを味わえるようになるんだよ」
と説いた。
「みんなは会社の取締役を目指して会社に入社すると思うけど、経理とか財務の専門家になるわけでないからと思っているかもしれないけど」
「取締役になったら、自分の会社はもちろん、取引先の財務状況をつかんでおく必要があるのよ。」
「またM&Aなどを行う場合には、そのM&Aに関連する会計だけではなく、相手の会社の資産や財務状況を調査して内容を早くしないとM&Aは成功しないのよ」
以上が、彼らの将来のことを思って話したことだ。しかしながら、本日の私の言葉をどれだけの学生さんが覚えていてくれるだろうか。

ただ、今は、会計をきらいにならないようにだけはしないといけないと、楽しい講義展開にするよう毎回努力している。


[PR]
by diamondquality | 2014-11-21 19:58 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)