ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

カテゴリ:Modern Novel ( 2 )

女の友情(2)

万梨亜と紗蘭は、大学時代は毎日のように一緒にいた。顔も、スタイルも、お洋服のセンスもきわめて似通っていた。万梨亜と紗蘭、誰もが親友と呼ぶのが自然だった。ある出来事が起こるまでは。



[PR]
by diamondquality | 2014-10-26 21:17 | Modern Novel | Trackback | Comments(0)

Modern Novel-A Secret of Sarah 第1章 出会い(1)

「どちらに声かけているの?」
親友万梨亜と繰り出したダンスホールで、長身でイケメンの男が立っていた。
慶一郎が話しかけてきたとき、紗蘭は思わずたずねたのだった。
「君さ」
それが、慶一郎との最初の出会いだった。それから私の人生が変わったと言っても過言ではないだろう。慶一郎との出会いは、万梨亜とはまったく違う人生になるきっかけとなったといえるからである。それまで紗蘭はいわゆる良妻賢母を育てる女子校に中学から通い、平凡な女性の人生を歩むものだと思っていた。         つづく

[PR]
by diamondquality | 2014-10-25 22:43 | Modern Novel | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.