This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

<   2012年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Tea Ceremony

明日は、いよいよお茶会。
ご近所の陶器屋さん、インテリア屋さんから畳や衝立を拝借した。
明日は、朝7時にホテルの美容室さんの予約。そこでホテルからアイロンも拝借する。
地域コミュニティを巻き込んで実習をと言われたとおりにこうしてご支援を賜った。

明日は1日お着物で研究室で執務。うーん大丈夫かな。夜間にもお茶会が控えている。
がんばらねば。学生さん喜んでくれるのかな。


無事1時限めのお茶会、6時限めのお茶会終了した。
朝、出勤したとき、となりK先生はいつもその恰好がいいじゃないですか。
とんでもないです。これは非日常だから生きるのですよ。

真と行と草の礼を教えてから客の作法、お点前を指導した。そのとき、なぜ私が茶道をしたいかを茶道をする意義を伝えた。日本人の心、日本人アイデンティティを継承し、世界へ発信してもらいたいと。
6時限のとき一同総礼と申し上げて終了したら、拍手してもらえた。私がお茶会をした意味がわかってもらえたという意味だったらとても嬉しいことだ。
[PR]
by diamondquality | 2012-01-30 21:54 | Japanese culture | Trackback | Comments(0)

来年度のゼミ

今、一番人気のゼミは、K先生と私のゼミらしい。なぜか。。。ゼミは厳しく、ゼミ活動は楽しくをモットーにやってきたからかな。たくさん入っておくれ。
[PR]
by diamondquality | 2012-01-30 21:05 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

卒業論文

今日は、ゼミ生の卒業論文の指導をもくもくと。
書き出しはやっぱりかっこよくしたい。
早くもっともっと赤入れさせてよと学生さんに言ってみた。
でも、ほんとに感無量だ。米国上場日本の企業2社について財務分析ができるようになったのだ。みんなよくがんばってきたね。あともう少し、追い込みがんばりましょう。
[PR]
by diamondquality | 2012-01-30 21:04 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

野菜ジュース

最近、お料理と野菜ジュースづくりに凝っている。
お料理は、パスタシリーズ。今日は和風パスタ。
野菜ジュースは、パイナップルとキウイに挑戦してみた。
パイナップルジュースは病み付きになりそう。芯までジューサーにかけられるようだ。
これはごみも減るし、体にはいいし、一石二鳥だ。うーん、体の調子がいいのはこの野菜ジュースのおかげだ。これで仕事を乗り切ろう!
[PR]
by diamondquality | 2012-01-29 23:18 | Private | Trackback | Comments(0)

共同研究

共同研究がすすんでいる。
今日は、私の担当章を書き上げた。これでよいのか、明日共同研究者に送付してみる。
今日は、大学のキャンパスまで行ってきて、忘れ物をとってきた。行った甲斐があった。これだけ作業をすすめることができたのだから。ありがとう。みなさま。
[PR]
by diamondquality | 2012-01-29 23:15 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

Lonliness-Coldness-Appetite

以前、「さびしい女は太る」という著書があった。
これは、脳内の恋愛感情?をつかさどる女性ホルモンと食欲をつかさどるが近いことによると記憶している。私は、今、寒さと寂しさをつかさどる脳内中枢が近いのではないかと思う。暖かい地域や暖かい部屋では寂しい気持ちにはならない。でも、部屋が寒かったり、寒いところにいたりすると、寂しさもつのってくる。

脳を研究している先生方、ご教示ください。寂しさと体感温度を感じる中枢は近いのですか?

とすると、結局、寂しい→食べる。  寒い=寂しい → 食べる

となり、体重増加をすることになってしまう。冬はダイエットは難しいの?
[PR]
by diamondquality | 2012-01-29 13:42 | Private | Trackback | Comments(0)

I am swamped!

またまた超多忙を極めている。時系列で今後行われることを書いてみる。

1.お茶会の実施ー
2.共同研究論文完成
3.試験作成ー実施ー採点
4.米国出張ー論文プレゼンテーション
5.科研費研究修正
6.研究論文査読
7.評議委員会
8.試験実施ー採点
9.トレビア出演


明日から2週間の間にこの行事および作業を抱えている。
そうそう、2と5の間に米国出張を入れている。研究論文の合間に渡米がある。
この渡米には論文プレゼンテーションが入っている。
4の渡米の前には試験の採点を終えていないといけない。

できるのだろうか。そう悩む前に作業をすすめていけばいいのだが。

明るい展望
1.でもね、共同研究については、昨日、共同研究者と打ち合わせを無事終え、あとは書き続けるのみ。
2.昨日、あわてていて、USBを研究室に忘れてしまって作業がすすめられないと思って、頭が真っ白になってしまったのだが、(リスクマネジメントの重要性を感じ、ハードにも現在の作業は貼っておく必要性を感じた)。幸運なことにキャンパスビルが本日は検定のため開いていて取りに行くことができた。
3.私は仕事が速いらしい。

こうした明るい要素もあり、なんとか無事こなせるのではないかと。
あとはやる気というか精神力でしょう。このようなことは2009年にもMULTI TASKは経験ずみであり、そのときもなんとかこなすことができた。
「一度がんばれた人は、何度でもがんばれる。」こうやってゼミ生を指導している指導教授は自分がみずから実践していかねばならない。はい。最善を尽くしてみます。
[PR]
by diamondquality | 2012-01-29 13:37 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

Snow day

おとといから粉雪が降っていた。
そして今朝6センチほど積もっていた。米国では、天気予報で次の日が雪とわかるとみんな食料品店に走る。そして缶詰類など売り切れ状態になる。一方、日本では土曜日私も買い出しにでかけてみたが、混雑というよりも人気がなかった。日本は、電車もストップしないで日常生活がおくれるからだろう。宅急便も届いた。すごい。

米国では子供たちと雪だるまを作ったことを思い出す。そしてTVでチェックせずに学校へ子供たちを送っていって、校長先生が、今日は休みです。よくTVをチェックしてくださいねといったあの瞬間を思い出している。そして感傷的になっている。子供たちは雪の日どう過ごしているのだろうか。
[PR]
by diamondquality | 2012-01-22 19:50 | Private | Trackback | Comments(0)
今度、わが学科と別キャンパスの学科で授業の一環としてお茶会を実施する。
朝、ホテルに行って美容院で髪を結いあげて着付けてもらって、お茶のお道具だって準備しなければらない。また、お湯のポットも準備しなければならない。
こんな大変なことをあえて行う自分がいる。なぜか。
1.学生さんのため、
2.本学のため、
忙しい毎日のなかで、忙しい毎日だからこそ、心に静寂をもち、自分を見つめなおすことの重要性を学生さんに学んでほしいからだ。また、おもてなしの基本ルーツは、茶道にあり、茶道を通しておもてなしの原理を学んでほしい。さらには、国際社会においてさまざまなことが国際標準化され、共通的なビジネス理論、ビジネス言語などがあるなか、昔から変わらない日本の伝統的な日本文化を継承し、日本人としてのアイデンティティを持ち続けてもらいたい。そういった期待を込めてあえて実施を踏み切ることにした。そうして、私自身も、教育、研究、業務の追われる毎日だからこそ、お茶を通して無の境地に至りたい。

私は、経営学、会計学の教員だし、私の自分の専門の教育ができることをありがたく、そしてやりがいを感じ、大好きと感じている自分がいる。それでは、こうした科目は?メタ認知を通すと、私にやってほしい、私がやったほうがいいと大学側が考えていてそういった委嘱を受けることを光栄に思っている自分がいて、やはり、やりがいを感じ、大好きな科目の1つとなっている。不思議だ。自分が好きだと思っていること、そしてまわりがやってほしいと思うことを受け入れてやっているうちに自分が好きになっていく。このプロセスが私のなかでどのようにおこっているのかわからないが、やはり、科目そのものに入り込んでゆき、自分で楽しめる性質なのだろう。こういうのは先天的か後天的かはわからないが、結果的には、人生を前向きに歩んでいける特質の1つであるから幸せなことだと思う。
[PR]
by diamondquality | 2012-01-22 10:36 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

gift

米国では、(また米国出羽の神になっている?)優秀児にたいするクラスをgifted classというし、才能のある人のことをYou are gifted.という。神様から与えられた才能という意味だ。

そのギフトについてだが、私は人にギフトを差し上げることが好きだ。
いただくのは、恐縮してしまうのだが、人に差し上げるのは本当に好き。

先日、学科主任に、「先生、健康なものを召し上がってくださいね。」と私の大好きなドライフルーツとナッツが入っているセットを差し上げた。私は、何かおみやげとしてなくてもふつうに差し上げる。「いいえ、diamond(私のこと)さんにはいつもいただいているので。。。」とか、
「Diamondさんは、Diamond財閥かもしれないけど、なんだか申し訳なくって。」と言われた。

また、昨日は、米国で購入した赤のブーツ、とってもお気に入りだったのだが、1つ小さいサイズを買ってしまったようで歩くと痛くて耐えられなかった。2回それも30分ずつぐらいしかはいていなかったが、やはり履物だから差し上げるのを躊躇していた。しかし、勇気をもって、事務室のいつもお世話になっているTさんが研究室に来た時に、よろしかったら履きませんかと言っったら、とても喜ばれて、「〇〇先生、本当にいいんですか、いただいて。。」とおっしゃてくださって、もらってくださった。気に入っていただけてよかった。

まあ、商売人の娘ということもあるかもしれない。ギフトって人間関係の潤滑油だと思うし、どうしても私は人に何かを差し上げたくなるのだ。これっておかしいですか?
[PR]
by diamondquality | 2012-01-21 13:13 | Private | Trackback | Comments(0)