This diary is from a researcher in the U.S.

by diamondquality

<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

My article has been published!

本日、『年報経営分析研究』が届いた。拙稿が掲載されていたのを確認できた。自分の目でみるまではやはり掲載されるかどうか心配であった。しっかりと掲載されていた拙稿をみることができてほっとした気持ちとがんばってよかったなという気持ちでいっぱいだった。これで査読論文はこの学会誌では4報めだ。1つ1つの拙稿をみるとその当時の心境も一緒に思い出されるから不思議だ。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-30 23:22 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

ディスカッサントとして

米国会計研究学会からディスカッサントを受けるか断るかの返事をしてほしいと連絡がきた。
今年の学会は、コンカレントセッションでの報告がある。またポスターセッションもある。だから、準備は大変だ。でも、かといって、拙稿を査読していただいた以上、自分も研究者としてお引き受けするのが礼儀であるし、恩返しはすべきだと思う。こういう研究の根幹を断ってどうする<自分。CONFIRM を自然と、クリックする自分がいた。本筋を見失わず、研究の本道を歩んでいこう。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-30 22:31 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

CPE研修に認定!

本学会が、CPE研修に正式に認定を受けた。申請していたのだが、4月26日ごろ返事がいただけるとのことだったが、返事がなかったので、あきらめていたところだった。本日、ようやく結果が来て、認定されたのだ。よかった。これで公認会計士の先生がたが参加してくださるかもしれない。嬉しいな。ぜひアクセスして確認していただけたら幸いです。

http://www.jardis.org/events/meeting/07/
[PR]
by diamondquality | 2013-04-30 21:43 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

Which coffee do you like best?

スターバック、ドトール、マクドナルド、ミスタードーナッツ、ヴィデフランス。ここ被災地も、コーヒーを出しているお店の激戦区だ。筆者は、訳あって現在駅前に在住中。そこで毎日いろいろなお店のコーヒーを楽しんでいる。米国で我が家が気に入っていたのは、ダンキンドーナツのコーヒーだった。その味に近いのは、ドトールかな。そこで今管理人はドトールがお気に入り。で、ドトール駅前店でこのブログを執筆中。ただね、評価は、コーヒーだけの味だけではない。店内でWifiが使えるかとか、お店の雰囲気とか、店員さんの対応、コーヒーと一緒に食べるものの美味しさ、1杯の価格など総合的に評価する必要がある。となるとやはりスターバックかドトールてとこかな。スターバックでは一度として気分の悪い応対に出会ったことがない。従業員教育がしっかりしているのだろう。

たかがコーヒー、されどコーヒーだ。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-29 11:47 | Private | Trackback | Comments(0)
実は、この奮闘記自体は、もっとすでに書いている。大詰めになってきてから奮闘記になったからその2となっているだけだ。
施設貸与だけだったのが、職員のかたが手伝ってくださることになった。有難いことだ。黄金週間は大学は閉館になってしまう。でも、数日だけ開けていただき準備をする。
本日は、特別プロジェクトの原稿書きをしなければならないのに、以下のものを準備した。
1.舞台の演台横の飾り花を注文。
2.登壇者や司会者の方につけていただく造花。これに名前を書いたリボンをつけて完成だ。
やはり、華やかにしたいものね。
本学会は、ピンクとグリーンを基調にしている。重くなりがちなテーマを少しでも明るいカラーで前向きなイメージを打ち出したい。名札は、ライトグリーンのものをぶら下げる。また、報告要旨集もライトグリーンだ。青葉と薄いピンクの薔薇がイメージだ。

さて、周りの方が
「あと少しだから、がんばって。」
「あと少しで開放されるね。」

うーん。終わったら寂しくなるかな。今、周りは大変だと思っているが、楽しんでいる自分がいる。私流の温かくてかわいらしい学会を作り出していける楽しさだ。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-28 09:06 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
学会準備が大詰めを迎えている。
本日も、学内の打ち合わせだった。いつのまにか時計は19時半であった。

朝8時半に元のキャンパスに出向き作業をし、そして今のキャンパスに戻ってひたすら作業。
学会準備委員長を依頼してくださった学会会長が、
「Dさんの研究が油にのっているところ、水をさすような気がする。研究を中断させてしまうのが心苦しい」とおっしゃいながら、依頼された。
私は、被災地を元気にしたいという会員のみなさまの声を私が被災地の研究者であるから引き受け、使命感に燃えて拝命したのはこれまでお話したとおりである。

最近は、
「温かみのある素敵なプログラムや託児室の実施などこれまでの趣と異なっていて素晴らしいです」と言っていただけたり、こんな委員長はかつていないなどと言っていただいたりとお褒めいただき恐縮している。私は自分の素のまま、目の前のことを丁寧に対応しているのだが、結果的に
おほめいただき光栄だ。

 本当は、もっともっと参加していただきたい。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-24 22:20 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

My student! I am proud of you!

今日、朝ホテルを出発して大学研究室に向かうため、駅に降り立った。ローカル電車を待っていると、「D先生」と背後から声をかけられた。
すると、見慣れた笑顔があった。
「IHです」「わーびっくりした。Hくん、元気?」
「今、研修中なんです。」
彼は、○○交通に就職したのだ。研修中か。なんだかきりっとして先輩からも愛されていることがよくわかった。まぶしかった。嬉しかった。彼は私の経営概論もよくがんばっていた。
「Hくん、がんばってね!かっこいいよ!」と送りだした。
今日は、そんなすがすがしいことがあった1日であった。1日さわやかな気持ちだった。Hくん、君を誇りに思う。いい笑顔をありがとう。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-18 22:03 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
みなさま、ご無沙汰いたしてしまいました。10日間もあけてしまいました。
東京の大学で2コマ講義、1コマ英語での講義、そして大学院を英語で講義して翌日、午前中に共同研究の打ち合わせ、午後から学会プロジェクトの打ち合わせ、そして15時からいつもの研究会。そして月曜日は、別キャンパスで3コマの講義2コマとゼミナール。1コマは、なんと他学科の学生さんが今年から70名も履修(嬉しい)とこなしておりました。その間、学会の準備委員会として新聞社へ学会開催のお知らせ訪問。そして前触れ記事として掲載され。。。。という怒涛の日々を送っており、お許しくださいませ。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-17 20:59 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

国際学会で論文受理!

拙稿が米国会計研究学会およびもう1つの国際学会での報告にアクセプトされた。神戸で開催される。
今年の夏は、神戸からまた成田そして西海岸と飛ぶ。そして名古屋でも学会がある。
準備委員長の仕事が完了したら研究に戻ろう。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-07 17:59 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
本日は、ジェットコースターのように気分が浮き沈みがはげしいそんな1日であった。
まずは、朝、学科のことでいやなことがあった。
そのあと、米国兼任講師先のメールをチェックしてみた。
すると、米国の学会から投稿結果のお知らせが着ているではないか。
早速、そのサイトに行ってみた。
すると、私のメインの論文が口頭報告に受理!されていたのだ。Wow!
5月から私が分析はじめ、秋に口頭報告したものがベースになっている。
私が考案したモデルの汎用である。オリジナリティ、新規性があると自負している。
嬉しいな。でもね、この嬉しさは一瞬なのだ。
明日からはその準備で大変な日々となる。人生はこれの繰り返し。でも、いいことがあったほうがいいに決まってるよね。これが研究者の仕事なんだから、この繰り返しを続けていなきゃね。
[PR]
by diamondquality | 2013-04-03 22:00 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)