私のユビキタス革命!

私は、経営概論とビジネス実務総論を担当していた。最後の回には必ず、情報と経営というタイトルで講義をしていた。だれでもどこでも情報送受信可能な社会というのがユビキタスだ。
私のところにもこの革命がやってきた。1昨日はルータを解約した。携帯とPCをつないでインターネット作業ができるようになったのだ。これまでは宿舎がインターネット接続環境となっていなかったために携帯ともう1つルータを所有していた。だが、こういう技をもっと早く知っていれば経済的な損失を避けられたかもしれない。携帯電話屋さんはおしえてくれなかった。情報技術を駆使して教育・研究を構築している同僚からおしえていただいた。情報も1つの価値とすればこういう情報を得られたことだけでもよかったと思う。みなさまはすでにご存知でもう駆使してやっておられましたか?
[PR]
by diamondquality | 2014-03-29 19:41 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

d0162603_17455833.jpg
d0162603_17443667.jpg
今日は小春日であった。
私の研究室がある図書館までの道、私が好きな風景の1つ。並木道から図書館に向かって写真をとってみた。この図書館までの並木道、今は春休みだから静かだけど、新学期がはじまったら、賑わいをみせるのだろう。こんなロケ地みたいなところを一人で歩く瞬間、幸せな気持ちだ。
そして途中の桜が満開だった。その写真をUPしてみよう。
さてようやく研究室が整った。本格的な作業再開だ。
明日は、アニバーサリーの執筆最終追い込みに集中する。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-26 22:47 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

Calm....

今は、落ち着いた精神状態となっている。
それは、締め切りの延長を申請し、認めていただいたからだ。
これで今やらなければならない作業に集中できるようになった。
でもあと1週間で学年暦である平成25年度が終了する。
25年度の作業ー授業評価アンケートのフィードバック
26年度の作業ー新しい担当科目の準備
こうしたことに来週特化して最終週を充実したものとしたい。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-21 20:36 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

A Happy Moving

みなさま申し遅れましたがD管理人はお引越しいたしました。
今は高層マンションからこのブログを執筆いたしております。
春風に吹かれつつ夜景を望めます。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-21 20:05 | Trackback | Comments(0)

昨日は、卒業式およびゼミ生とのつどいだった。
彼らは2年前に卒業し、それぞれ就職して職場から信望も厚いようだ。
彼らは、1期生、すなわち私が本学に着任してはじめてのゼミ生だ。彼らは、私の指導者としての力量、人柄等を知らずに、私をゼミの指導教授として選んだ。
彼らは、「先生、1つのかけだったのよ」と言った。
1期生「私たちはかけにかったよの」
嬉しいことを言ってくれるじゃないの。
「先生のゼミ生でよかった」
電気が消えた。
「ハッピーバースデー」という声で一人の女性の誕生日を店全体の人がお祝いした。

彼らは大人だった。
私が着任してから不安な日々も彼らに支えてもらっていた気がする。
1期生「先生の研究室にいりびたっていたね。あの頃」
1期生「先生っていつ研究しているんだろうと思ってた」

また電気が消えた。今日がお誕生日の人が多いなと思ったら、
「D先生、おつかれさまでした」という声で私の門出を店全体の人がお祝いしてくれたのだ。
サプライズだった。
「もーこんな演出、先生今日はつけまつ毛しているのに、泣かせないの。。。。先生を」
そして私の好きなアフタヌーンティのお弁当入れとバスのあわあわ。
私のお気に入りを知っていて、記念品として贈呈してくれたのだ。
はじめて泣いた。私は卒業式は門出の時だと思っていつも泣かなかった。
こういう心がこもったことだけは心が動かされてしまうのだ。
みんなの指導教官で幸せです。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-16 15:41 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

昨日は学科の謝恩会だった。
先日囲む会で来た真紅のドレスは今回はやめて、黒のJAPAN支援コンサートで来た黒のドレスにした。これまでJapanbenefit concertで着た黒のドレスは、その意味あいの重さで着ることができなかったのだが、ようやく、そのドレスを着用できる心境になった。3年かかってしまった。

卒業式のあと学生さんが私のゼミコンパに参加できないと知って、
「私はどうして参加できないの?私きらわれたのかと思った」
「先生のことは大好きに決まってるじゃん、ただ、両親が一緒だから一緒に帰らないといけないもん」
あーよかった。そういう事情だったようだ。
だから1期生、2期生の卒業生だけでコンパをやることになった。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-14 05:56 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

わーいわーい

本日の心境は、タイトルのとおりである。
まずは、お役所仕事が昨日完了した。
そして本日、さきほどAnniversary原稿を編集委員長に送付した。
また、先週、あることをお願いしていたのだった。日本の学年末、学年はじめの事情および私自身のことなど、真実のことをお伝えして懇願していたのだった。返事が遅いから受け入れてもらえないかもと思ってあきらめかけていたところ、メールがきて事情をわかってくださったようだ。本当に嬉しい。私の心からのお願いを受け止めていただき、こうやって私は研究を多くのかたのご支援をいただきながらすすめているわけだ。
本当に嬉しい。その作業に集中できるのだ。私は本当に幸せ者だ。ご高配どうもありがとうございます!
[PR]
by diamondquality | 2014-03-12 20:26 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

My feeling

今の静かな心境を吐露したい。昨年の今頃は、学会準備委員長としてのプレッシャーもあったが、なんだかわくわくする期待感があった。今は、なんだか寂しい気持ちのほうが強いのはなぜだろうか。これから一歩一歩構築していかなければならないからだろうか。
本当になぜだか寂しくすぐに涙ぐんでしまう。春だから?春なのに?でも、人生ってそのようなものかもしれない。こうやって人は強くなっていくものなのだ。こんな私のとりとめのないブログを読んでいただくのは非常に恐縮だ。次回お目にかかるときは天真爛漫な私でいたい。今回はどうかお許しを。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-11 22:12 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

anniversary原稿

本日、Anniversary 原稿を書き終えた。と言ってもまだまだ修正はしなくてはならない。
ふーなんとか形は整ったので、あとはRefineしていくだけだ。
今週は、いろいろと公的にもプライベートにも盛りだくさんの週だ。
本日中には書き上げたいと思ってがんばったのだ。
さあ、再度見直すことにしよう。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-10 22:10 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

陰翳礼讃

海外で最も読まれている随筆が、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』
我が家も間接照明にしている。
[PR]
by diamondquality | 2014-03-08 21:09 | Japanese culture | Trackback | Comments(0)