ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

<   2014年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

APMAA2014!

タイのバッコック市に出張に来ています。
2時間の時差です。
明日、学会報告のための最終チェックする予定です。
ホテルは快適で最上階で見晴もすばらしいです。
早く準備を完了させて街へ繰り出そうかな。

[PR]
by diamondquality | 2014-10-28 04:25 | Trackback | Comments(0)

女の友情(2)

万梨亜と紗蘭は、大学時代は毎日のように一緒にいた。顔も、スタイルも、お洋服のセンスもきわめて似通っていた。万梨亜と紗蘭、誰もが親友と呼ぶのが自然だった。ある出来事が起こるまでは。



[PR]
by diamondquality | 2014-10-26 21:17 | Modern Novel | Trackback | Comments(0)

Modern Novel-A Secret of Sarah 第1章 出会い(1)

「どちらに声かけているの?」
親友万梨亜と繰り出したダンスホールで、長身でイケメンの男が立っていた。
慶一郎が話しかけてきたとき、紗蘭は思わずたずねたのだった。
「君さ」
それが、慶一郎との最初の出会いだった。それから私の人生が変わったと言っても過言ではないだろう。慶一郎との出会いは、万梨亜とはまったく違う人生になるきっかけとなったといえるからである。それまで紗蘭はいわゆる良妻賢母を育てる女子校に中学から通い、平凡な女性の人生を歩むものだと思っていた。         つづく

[PR]
by diamondquality | 2014-10-25 22:43 | Modern Novel | Trackback | Comments(0)

I feel lonely...

I have been swamped with a lot of task. I recognize that I need to focus on the task. However, I feel lonely. Why? Because it is getting cold and cold for winter. Non, non, I like winter, since we have a merry Christmas.
Then why? I would like to have a warm word. That is fine with me.
I need to have a tender whisper by someone.
Such a kind word makes me stong.
Since I am a small person, I need to stay strong with the words....

Good days and starting off....... the song is around here.
THere is someone who waits for me.....

[PR]
by diamondquality | 2014-10-24 20:50 | Trackback | Comments(0)

My paper was returned from the proofreading....

英文拙稿が校正から戻ってきた。たくさんの修正が入っていた。おそらく今月末までには提出しなければならない。
学会報告
統一論題登壇
最終原稿提出

こんなにたくさんの仕事できるの?優先順位つけてやっていくしかない。


[PR]
by diamondquality | 2014-10-23 21:24 | Trackback | Comments(0)

I have been swamped with a commitment....

もう本当に大変。仕事が終わりません。
それはそうですよね。学会報告が3つとディスカッション1つなんて。
まだ2つしか終わっていません。
1つは1からPPT作成、もう1つはPPTの英語版を作成する作業。
そしてそれが終わると次の学会報告。ふー。なんとか乗り切れるか<自分

[PR]
by diamondquality | 2014-10-22 22:05 | Trackback | Comments(0)

A Grant application submitted!

タイトルでは単数で書いたのだが、実は、2件提出した。ふー
自分が研究代表者のものと研究分担者のものとだ。
満天の空を眺めながら壮大な研究計画を練っていく作業、こつこつとすすめていく作業。ふー
ようやく研究機関に受け取ってもらえて無事完了。あとは微修正でありますように。。。。

でもね、ときどき、考える。こうやって3年ごとのGrant、あとこれを何回繰り返すことができるのかな。そう考えると研究者人生って短いな。こうした短い研究者人生のなかでノーベル賞をとるっていうのは本当にすばらしいことだなって。私も社会科学者のはしくれとしてそう実感する。私の研究は自己満足でしかないかもれしれないが、一応日本からの実証を世界へ発信している研究者としては少しは社会に貢献はしているのかなと思う。
[PR]
by diamondquality | 2014-10-22 08:13 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

はじめての懇親会

本学に赴任してから、ゼミ以外で初めて懇親会を開催していただきました。全員男子学生さんでした。なんだか気恥ずかしいD先生でした。(本日は、なぜかですます調の私でございます)
「本日はお忙しいところお集まりくださいまして誠にありがとうございました。実務に精通されている方の前で研究教員として講義をさせていただいておりました。みなさまには毎回熱心にご参加くださいまして心より感謝いたします。みなさまのご無事の修論完成となりますことを祈念いたしまして私の挨拶とさせていただきます」とご挨拶してしまいました。ある1つの科目の学生さんが打ち上げしたいということでこのような懇親会となったわけでございます。
実は幹事さんにはあらかじめて形式な会としてにされたほうが今後の勉強になりますとアドバイスをさせていただきました。乾杯やら、学生さん代表挨拶などなどがつづきました。
久しぶりに楽しいひとときを過ごせました。学生さんありがとうございます!
[PR]
by diamondquality | 2014-10-20 20:58 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

My paper has been accepted by the Top conference!

Wow! I am pleased to inform you that my paper has been accepted by the top conference! I am so excited about that! As mentioned before, this year is the last year of the grant. So, I need to have a good result for my research! I make it!
This is my favorite study.
皆様、少々本日は興奮気味です。
私のお気に入りの論文が、最高のカンファレンスで受理されたんです。査読してくださった先生方、ありがとうございます。そしてこの貴重な機会を賜り心より感謝申し上げます。そしてもう1つ来年度から英語担当科目が増える。嬉しい。自分の研究に近い領域だから。水を得た魚のように担当できるであろう。

今日はね実は、学部の授業で
オレンジのワンピースに、ブーツで講義したのだ。そうしたら、学生さんが、
「先生、今日なんだか、ジュリアナ東京みたいな雰囲気だよ」???
ところで、
「君たち、ジュリアナ東京なんて知ってるの?20年前よ?」
「でも、このお洋服は最近買ったのだからね、20年前のお洋服じゃないし、それに米国で購入したんだからね」て叫んでしまった。
でもね、文武両道君(剣道の体育会に入ってるが成績がSだし皆勤の学生さんを私はこう呼ぶ)はね、
「先生、今日綺麗ですよ」
なんだか褒められたのかなあ、私。。。
派手に見えるんだよね。私って。気立てもいいし、実直なんだけどね。
でもね、
一部学生さんから
「先生の今日のいでたちには、100万円はくだらないよね。。」
えーそんな風にみるんだなあ、学生さんって。ブーツが高く評価されているらしい。10万円とか。。。あははは。そんな高いもの買えるわけないのにね、貧乏学者なんだから。私は慎ましく暮らしているですけど。。。

すみません、本日のブログは錯綜気味でした。

[PR]
by diamondquality | 2014-10-17 21:41 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

lecture preparation!

本日は、今週末からの講義準備に明け暮れる予定だ。ふー。
学生さんが待っている。私の講義を待っている。学生さんが待っている限り、そして私の情熱が続く限り講義は続けていく。
[PR]
by diamondquality | 2014-10-16 07:34 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.