<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Commencement

長男の学位授与式に出席するため渡航した。
米国の学位授与式はまるで映画を観ているようなダイナミックで観衆を感動させる演出が至るところにちりばめられていた。まるでハリーポターの世界だった。

1.トローンボーン楽団(学生および卒業生)による演奏。
2.トローンボーン楽団演奏にのってガウン着用卒業生入場。
3.舞台には、理事長、学長、学部長および総ファカルティがすでに着席。
4.理事長による科学者界へのWelcomeスピーチ
5.学長によるWELCOMEスピーチ
6.学部長によるスピーチ
7.グラミー賞、エミー賞受賞者によるビデオメッセージ
8.一人ひとり学位授与
9.学位取得者退場。

私は、そういう立場になったら、学生さんのAccomplishmentのお祝いと門出のために、学生さんが永く感動的な学位授与式だったと自慢できるような、学位授与式を挙行したいと夢をもっておこう。ガウンだって一回だけのものだけど大量生産で安価に製造することは可能であろう。演奏だって、大学のグリークラブやオーケストラに依頼すれば可能であろう。輝く卒業生からビデオメッセージをいただくことも可能であろう。


[PR]
by diamondquality | 2015-05-18 22:16 | Private | Trackback | Comments(0)

Is this year a good year?

母が、私の今年はとてもいい年になるという。そして、2015年4月、5月が特にいいそうだ。そして、私は、いい年ってどんな年なのと訊くと、私がHAPPYやGOODと考えることだという。
・4月、優秀な学生さんが私のゼミ生として入ってきた。
・今年度から管理職を仰せつかって、本院全体のことを考える立場となった。
・2つも統一論題の報告者となった。
・国際的な研究学会に拙稿が受理された。
・また、某ジャーナルの編集長から拙稿の修正版を提出するように言われた。
 これらのことがらは、私の教員・研究者人生においてなんと幸福なことだろうと思うことばかりだ。
 そして、私にとっていいこととは、究極的には、えらい先生から「私のことを期待している」という言葉を賜ったことであろう。過日、中国からの留学生のための集中講義を担当したり、留学生のための歓迎会に出席したりしたことからか、このえらい先生に好感をもっていただけたようだ。結果的には、私への期待という言葉になって賜ることができたのだ。このお言葉によって私は、これまで本院における立場をもっと重要なものとしてとらえることができたのだ。こうした一言がどれだけ研究者として落ち着いて研究することができることにつながることか。。。。先生から賜ったお言葉は、私にとってとてもかけがいのないものとなった。
 また、先生は、私の意見、考えに敬意を払ってくださってる。そして、先生は、現在の本院のことがらについて私の考えどおりすすめさせてくださるので、作業を快適にできている。先生、感謝申し上げます。




[PR]
by diamondquality | 2015-05-04 05:14 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)