ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

arrival in Japan!

今朝、9時に地元の空港を出発してから、どれだけ時間が経ったことでしょうか。揺れが大きかったフライトですが、無事、日本の目的地に到着し、ホテルからこのブログを書いております。
本日から、毎日スケジュールをこなしていきますが、楽しんですすめていきたいと思っています。
とりあえず、全員無事であることを感謝して。
[PR]
# by diamondquality | 2010-06-23 04:25 | Trackback | Comments(0)

心の恩師

よく伺う女性科学者の方のブログで人の死に直面して落ち込んでいらしたとき、
http://a-scientist.jugem.jp/

コメント欄にブログ仲間の先生かと思われる方が以下のようなコメントをされていました。
http://gt250.spaces.live.com/
どこにいるの? (2010/06/17 12:06 AM)
忙しさのうちに人の死を忘れることもできますが、人の死を忘れないことの方が大事ですよね。惜しい方をなくしたと思ったときには、自分がその人の役目をはたせばよいのだと思うようにしています。自分に宿らせることのできる部分があれば、自分の中で生きていただこうというわけです。欠けるのではなく、自分の幅を広げるチャンスということです。

はい。私も、大学院博士課程時代に、指導教授ではない先生でしたが、いつも気にかけてご指導くださった、今でもご尊敬申し上げる先生がおられました。その方は、55歳で志半ばで亡くなられました。その先生は、学術的にももちろんご尊敬申しておりましたが、人柄もすばらしい方でした。その方に、研究者としての生きかたをご教示いただきました。「どこにいるの」さまのように、まだまだその方のお役目を果たせるような立場、身分ではございませんが、その方の生き方をまねているような気がいたしております。その先生がおっしゃってくださったことは、私の心の指針となっており、ここには書けませんが、こうした生き様をしていくことが自分の幅を広げているのだと認識させていただいた次第です。
[PR]
# by diamondquality | 2010-06-17 07:09 | Trackback | Comments(0)

日本における少子化問題について

今回の特別講義にたいしまして、米国の子育て事情というタイトルを与えていただきました。米国における子育ての特徴から日本における少子化問題解決の糸口になるようなお話ができればと思っています。

 今回、私が自分の主観的な子育て観をお話するのではなく、米国のかたがたにご協力をお願いして米国の子育て事情を客観的にお話できる方向で考えました。専門以外の領域ですが、米国で実際に研究、教育、育児を両立(?不器用にではありますが。。。)させていることから、実際の米国での経験を通して学んだことを日本の少子化解決に向けてお話させていただき、日本のみなさまに少しでもお役に立てればと思っています。
 また、研究者と生活者を分けずに、生活者でもある研究者というスタンスが米国流かなって思っています。研究は、研究一すじにまっしぐらというイメージがありますが、育児と両立させながら構築していく研究は、時間を効率的に用いて作業をすすめられ、視点が拡がり、また、子どもたちから研究へのエネルギーをもらえます。こういったコミュニティーのなかで子育てしながら研究をつづけていくというスタイルが自然にできるという点が米国ならではかなと思っています。
 日本の少子化解決のかぎは。。。。。。来年みなさまへ報告ができるようにがんばります。結果はしばらくお待ちください。。。。
[PR]
# by diamondquality | 2010-06-03 08:14 | Trackback | Comments(0)

メモリアルデー

米国は、メモリアルデーでお役所や銀行もお休みである。もう1つの意味は、これから夏が始まるというスタートを意味する日でもある。ちなみに、9月のレイバーデー(労働者の日?)が夏の終わりを意味する休日である。
[PR]
# by diamondquality | 2010-05-31 11:58 | Trackback | Comments(0)

月夜

私は、月が好き。当たり前なのだが、世界中のどこにいる人とも共有化を図れるものという認識だから。なんだか日本の人たちとつながっていることに安心するのである。米国からみる月には、うさぎが餅つきしている様子はうかがえないのだけど、同じ月とをみているということを認識するだけで気持ちが安らぐのである。
[PR]
# by diamondquality | 2010-05-18 11:16 | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.