米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

今回の特別講義にたいしまして、米国の子育て事情というタイトルを与えていただきました。米国における子育ての特徴から日本における少子化問題解決の糸口になるようなお話ができればと思っています。

 今回、私が自分の主観的な子育て観をお話するのではなく、米国のかたがたにご協力をお願いして米国の子育て事情を客観的にお話できる方向で考えました。専門以外の領域ですが、米国で実際に研究、教育、育児を両立(?不器用にではありますが。。。)させていることから、実際の米国での経験を通して学んだことを日本の少子化解決に向けてお話させていただき、日本のみなさまに少しでもお役に立てればと思っています。
 また、研究者と生活者を分けずに、生活者でもある研究者というスタンスが米国流かなって思っています。研究は、研究一すじにまっしぐらというイメージがありますが、育児と両立させながら構築していく研究は、時間を効率的に用いて作業をすすめられ、視点が拡がり、また、子どもたちから研究へのエネルギーをもらえます。こういったコミュニティーのなかで子育てしながら研究をつづけていくというスタイルが自然にできるという点が米国ならではかなと思っています。
 日本の少子化解決のかぎは。。。。。。来年みなさまへ報告ができるようにがんばります。結果はしばらくお待ちください。。。。
[PR]
# by diamondquality | 2010-06-03 08:14 | Trackback | Comments(0)

メモリアルデー

米国は、メモリアルデーでお役所や銀行もお休みである。もう1つの意味は、これから夏が始まるというスタートを意味する日でもある。ちなみに、9月のレイバーデー(労働者の日?)が夏の終わりを意味する休日である。
[PR]
# by diamondquality | 2010-05-31 11:58 | Trackback | Comments(0)

月夜

私は、月が好き。当たり前なのだが、世界中のどこにいる人とも共有化を図れるものという認識だから。なんだか日本の人たちとつながっていることに安心するのである。米国からみる月には、うさぎが餅つきしている様子はうかがえないのだけど、同じ月とをみているということを認識するだけで気持ちが安らぐのである。
[PR]
# by diamondquality | 2010-05-18 11:16 | Trackback | Comments(0)

春学期修了

ようやく、2月上旬から始まった春学期が修了した。昨日、Gradingを教務課に報告した。これで、米国の大学の1学年度が終了となり、夏休みに入るのである。春学期は、2コースを担当した。2つとも新規のコースだったので準備もそれなりにしたのでよくがんばったと思う。「いい研究者はいい教員である。」をモットーにして教育・研究を両車輪にとらえてがんばっている。お師匠を見習って。。。今は、無事夏休みを迎えることができてほっとした気持ちでいっぱいである。これで、8月下旬の秋学期開始まで研究モードとすることができる。
[PR]
# by diamondquality | 2010-05-17 01:46 | Trackback | Comments(0)

As a little ambassador

 先日、小学校で日本や日本文化についてのプレゼンテーションを依頼された。お世話になった方からの依頼だったので快諾した。浴衣を着てプレゼンテーションを行った。「日本では国際的視野を、海外では日本の代表として」というどなたかの信条を拝見したが、私も日頃そう思っている。私を通して、日本のことを学んでくれ、将来的には日米の架け橋になるような人材に育ってくれればと壮大な夢を描きながら、お話させていただいた。こうして日本についてお話してみると、やはり、自分が日本人であり、日本人であることを誇りに思っていることがわかった。今回の依頼講義は、あらためて日本という国を再認識しただけではなく、自分自身のアイデンティティを再発見されてくれたいい機会になった。貴重な機会をありがとうございました。
[PR]
# by diamondquality | 2010-05-16 23:43 | Trackback | Comments(0)