ブログトップ

米国在住女性研究者の日記

職業としての学者

職業としての学者

職業としての学者を選択したのが放送局入局2年めの夏。
24歳だった。
あのときの意思決定は、変えない。
研究、教育、行政この3輪をうまく回しながら
学者という人生を送る。
社会科学の歴史からすればちっぽけな学者の存在、
たかが学者
されど学者
新知見を社会へ発信してなんぼの世界に生きる。
生き抜いてみせる

冬枯れの
季節の中で
凛として
花一輪が
いよいよ華やぐ

我がマンションの花壇に
シクラメンが植えられ
小さく咲いていました。
なんだか抱きしめたくなりました。



[PR]
# by diamondquality | 2017-01-19 08:46 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

クリスマス

今年は、クリスマスが日曜日だったため、月曜日もお休みのようだ。
[PR]
# by diamondquality | 2016-12-28 12:57 | Trackback | Comments(0)

coming back to the U.S.

今年は、クリスマスイブとクリスマスも授業があり、26日の帰国となってしまった。このブログもクリスマスも過ぎて書いている。
なぜだか、大学行政と自分のことでいっぱいいっぱいだった。米国に無事到着したら、修士論文の指導ばかりしている。ふー。来年はいい年になるかな。

[PR]
# by diamondquality | 2016-12-28 12:55 | Trackback | Comments(0)

guidance

昨日の学生さんとの会話をお伝えいたします。結構学生さん楽しい方が多いですね。
A学生さんとの会話:
私「今学期は授業でお目にかかれないですね」
Aさん「はい、もう先生の授業とれないのです」
私「そうですか、残念ですね」
Aさん「先生とは夢で毎日逢っていますから大丈夫です」???

B学生さんとの会話:
私「本日は、Bさんに私のすべての時間を捧げていますが、他の学生さんは何か質問ありませんか」
Bさん「先生には身も心も私に捧げていただきたいです」???
私「Bさん、それは少々セクハラ発言のような気がいたしますが(笑)」
Bさん「はい、失言いたしました」
こんな調子でけっこう楽しく授業を展開しております。

[PR]
# by diamondquality | 2016-10-02 21:34 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

International Session

私は、最近、国際派と思われているようだ。国際セッションに駆り出されるのだ。
今回も、私は、自分の報告と討論と仕事が2つもある。
討論が終わると、
台湾会計学会の登壇者が私のところにきて、
「いい討論でした。あなたを台湾会計学会に招待したい」と言ってくれた。


[PR]
# by diamondquality | 2016-09-14 09:36 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)
This diary is from a researcher in the U.S.