My Environment to Study....

研究環境:

 4月から研究環境が変化する。まず、自宅マンションが快適になった。マンション自体、ソフト関係すべてがグレードアップした。すなわち、拙研究環境の一部が改善されたと言っても過言ではない。研究デスクまわりは非常に明るい。連峰を展望しながら、お寺に見守られながら静寂のなかで研究を構築できる。これまでのマンションは、鉄道の音がひっきりなしにあった。また、南向かいにマンションがあり、展望できる景色は、コンクリートであった。このような環境の改善は、きっと拙研究にも大きくいい影響を及ぼすであろう。作家の村上春樹さんは、引っ越しが好きと言っていた。私は、引っ越し作業は大変だし、引っ越し自体はあまり好きになれないが、引っ越しによる環境の変化は、拙研究を向上させるいい機会となり、引っ越しは正の影響があると強く思う。

 過日、現本務校の事務方がマニュアルに依拠したやり方を私に押し付けてきた。私は、K費が支出されないことを覚悟して自分自身を守るため、私の主張を通した。事務方には自分でK本部に説明すると伝えたところ、事務方は自分で確認したらしい。事務方がK本部に確認したところ、私のような事情もあることがわかり、K本部からの回答をメールで寄こしたのであった。すべてが解決できた。K研究も、おかげさまで資金に支えられて継続可能となり、不安も解消された。

 やはり、母の占いどおり、私の2018年はいい年になりそうだ。

[PR]
トラックバックURL : https://diaquality.exblog.jp/tb/26513992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2018-02-24 12:56 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)