米国在住女性研究者の日記

diaquality.exblog.jp

This diary is from a researcher in the U.S.

「失恋の処方箋は、新たな恋愛」というまやかし

本日のタイトルは、女性ファッション雑誌に掲載されている女流作家のエッセイみたいなタイトルである。
本日のブログには、私の意見を残しておきたい。
女優や歌手が大失恋する。そのあと、結婚して出産するが、しばらくすると離婚してしまう。二人ともに共通する失恋した相手は、伝統芸能のかただ。その処方箋は新たな恋愛であり、結婚と言われることもある。本当にそうなのかどうかを検証したい。二人とも伝統芸能でない、資産家と結婚するが、短期間で離婚することになる。この女優達ふたりの失恋後の結婚をみると、新たな恋愛という処方箋は処方箋にはなっていなかったと思われる。
 失恋後の次の恋愛を「恋愛」だと思い込んでしまうところに、その前の失恋が及ぼしたであろう悪の影響だといえる。大失恋したあとの心の穴、さみしさを埋めるのには時間がかかる。そしてその穴はとてもつもなく大きい。少しだけ優しくされてしまうと愛されていると勘違いしてしまう。サンプル・サイズは少ないので、汎用性はないが、事例研究の結論として以下の仮説として提示する:

仮説:新たな恋愛は、大失恋の処方箋にはならない。

失恋からの解決策に対する一提言:

この新たな恋愛結婚は、本当は恋愛なんかではないのだ。
寂しさを紛らわすための疑似恋愛にすぎないのだ。
しっかりと空いた失恋による穴を埋めるのに、この疑似恋愛は癒しだと勘違いする。
でも、その疑似恋愛に気づかなければならない。
したがって、大失恋後には、恋をしないほうがいい。
仕事などに没頭することをおすすめしたい。時間しか解決できないのだ。

[PR]
トラックバックURL : https://diaquality.exblog.jp/tb/26778367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by diamondquality | 2018-05-13 13:14 | Private | Trackback | Comments(0)

This diary is from a researcher in the U.S.


by diamondquality