学生さんの報告

私のクラスは、試験ではなく、プレゼンテーションおよび最終レポートで評価される。
学生さんは、私の指導をよくきき、そのとおりにプレゼンテーションを行っている。すばらしい。彼らを誇りに思う。
私自身が大学生2年生、3年生のときに、果たして同じようなプレゼンテーションができたかというと疑問である。
彼らのポテンシャル、そしてそのような学生さんを指導できる機会を非常に感謝している。

[PR]
# by diamondquality | 2018-07-22 18:47 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

一歩前進

プライベートなことで恐縮であるが、これまでの懸念が解決しそうだ。今週には結果が出る。
昨年9月からの懸念事項であった。これで、一歩前へすすめる。神様、お見守りありがとうございます。

[PR]
# by diamondquality | 2018-07-22 18:44 | Private | Trackback | Comments(0)

集中講義

金曜日から日曜日まで4日で13コマという集中講義を行った。金曜日には、通常の授業2コマに加えて、金曜日に1コマ、土曜日に、5コマ、日曜日に5コマである。ふー。よく学生さんもついてきてくれた。マレーシアからの交換留学生とダブルマスターの学生さん3名の合計13名も履修してくれた。ふー。講義とアクティブラーニングを取り入れた活発な集中講義となった。
なんだか集中講義で通常4か月13コマを実施するところ、3日で行う。来週の日曜日はプレゼンテーションだけである。なんだか達成感だ。人は、経験して成長するものだと実感した。

[PR]
# by diamondquality | 2018-07-08 23:55 | Accounting Education | Trackback | Comments(0)

納得は、解決策である。

今週、非常に不快なことがあった。また、あることに対して不満を有していた。

この2つのことは、同じ領域には属するのだが、全く別のことである。
しかしながら、偶然にも、2つとも、そのことに至っている原因の元となっている人間、組織の原因というか理由がわかったのである。
そしてその理由が納得にいくものなのである。

だから、不思議と、上記の2つに対して何も思わなくなった。
理由が納得できると、不思議と不満も解消されるのである。
理不尽から不満がおこってくるのだろう。

まあ、いずれにせよ、不快であることは間違いないのだが、論拠が解明され、納得がいくものであるので、もうこれ以上、何も感じることは
なしにしよう。

私もずいぶん成長したものだ。

[PR]
# by diamondquality | 2018-05-24 06:41 | Accounting Research | Trackback | Comments(0)

過日、美容院に行ったら、店長さんが、
「D先生(私のこと)は、他の大学の先生と同様に共通項がたくさんありますね。」
「どんな共通項ですか」
「カリスマ性があるとか、優しいとか、1つも2つも上に行っている」
どういう意味かというと他の人とちがう何かをもっている雰囲気があるとのことだ。

私は、自分がそんな風に言われるとは思っていなかったのだが、
プライベートでの問題や、
子育ての苦労、
その他仕事上や人間関係上の苦労が、私を、物事にたいして達観させ、
なんだかカリスマ性を作り出しているのかなと予想する。
達観することは、自分を解放することであり、もろもろの問題を小さなことであると思い込ませ、結果的にはその問題解決策となり、人を成長させるのだ。

私自身は、自分は優しいとは思っておらず、普通にしているのだが、
他の人に比べると優しいそうだ。
過日、学生さんにも先生ってどうしてそんなに優しいのですかと言われた。
苦労しているからかなって思った。

人生に無駄なことはない。すべて糧なのである。
そうだ、前向きに生きていこう。

[PR]
# by diamondquality | 2018-05-13 14:55 | Private | Trackback | Comments(0)